忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kanonですよ。一応

「ゆういち~、かおり~、おはよ~」
「名雪、相変わらずな寝ぼけ模様ね」

朝の通学路にて、香里は隣の親友と親友の想い人を見る。といっても、この相沢祐一という男、何気に彼女が居る。そちらも香里は知っている相手。学園の有名人の一人。その付き合いがありながらも名雪の世話(特に朝の)をしてるのは、ある意味でしっかり者である。

「声聴いただけで眠くなりそうだ」
「嘘ばっかり
「慣れたからな。佐祐理」

隣に居た名雪を放置して走っていく男。佐祐理とは彼の恋人だ。紆余曲折あって仲良くなり、一緒にご飯食べたりして、親友の川澄舞という人が間に入って仲が取り持たれたそうな。相沢祐一に何があったかは香里も詳しく知らない。

「勿体無いわね。相沢くんも」

隣にこんな可愛い子が居たのに。それでも、彼が振り向かなかった理由は、彼女の努力がなかったのじゃなく、相沢祐一の見ている世界があっち側という事なんだろう。香里は名雪の愚痴を付き合ったりした。振り向いてくれないことに対して。だが、家族は近すぎるから、恋人になれないのかもしれない。香里はそんなことを後々言った。なんだかんだでそういう意味では、相沢祐一も見る目はある。

「学業が待ってるわよ。名雪」
「く~」

何時もの様子で寝てる名雪。歩きながら寝れる。たまによく寝てる。幸せそうな寝顔で。香里は親友のこの顔が一番なごむ。手を引いて歩く。栞はもう居ないから。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R