忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソードアート・オンライン(アニメ版あるところから)

「キリト、どうかしたのか?」
「あれ、クライン・・・お前こそ、風林火山の面々は?」

ソロのキリトは一人のときが多いが、クラインが一人というのは珍しい。野武士スタイルのクラインと黒い服のキリト。

「ちょっとした買い物だよ。キリトは?」
「結晶とか、回復のをな」
「普段だったら、エギルのところに顔出してなかったか?」
「そうなんだけど、本当にちょっとしたものだったら、寄らないんだよ。お前こそ、俺と話してて大丈夫か?」

ビーターという言葉を考えてキリトはそうもらす。クラインは苦笑いをするしかない。もしも本当にそういう奴らがいたとしても、ソロで狩れるのは知れてるし、危険度も高い。確かに、おいしい狩場などは知っているだろう。だが、一人だと無理したら死ぬのだ。それがこの世界だから。

「そんな気にしなくても大丈夫さ。最前線の奴らで気づいてる奴らは気づいてるさ。ソロの危険性もな。何人がそれで死んだことやら」
「まぁ、そうなんだけどな」

死んだ者たちの中には確かに、戦いなどで死んだ者もいる。しかし、ソロの単独で死ぬものも少なくないのだ。キリトのようにソロで残ってるのは数えるほどだ。安全マージンがあっても、麻痺や毒で死ぬこともあるのだから。トラップやらも危険なものの一つだ。それが分かってきてるからこそ、ビーターと声だかに言うものは減っていったのだ。一人で大丈夫だって言ってて死んだ奴らもいるということなのだが。

「キリトは相変わらず、ソロか?」
「まぁな。それに、俺の場合は、な」
「俺たちは気にしないし、気が向いたらでいいからさ」
「ああ。じゃあ、俺、あっちだから」
「おぅ。元気そうで良かったぜ」

クラインの言葉にキリトは苦笑い。それもそうだというのが心境だ。無理や無茶に付き合わせたことがあるからこそだ。

「クラインも無理はするなよ」
「キリトもな」
「「またな」」

言葉は同じ。また、会うことを願う。お互い生き残ることを・・・


(というような男同士の語り合いとかあったら、それはそれで良かったなぁと思ったり思わなかったり)
PR

久々、TOVより

「フレン」
「あれ、どうしたんだい、ユーリ。それにエステル様は?」
「あ~、エステルなら、ノードポリカで100人斬りの真っ只中だよ」
「ユーリが参加したからじゃないか?」
「俺のせいじゃないだろ。何より、それはお前のせいでもあるんだぞ」
「え。僕の?」
「ほら、前も今回も俺とフレンで戦ってたりしたわけだろ」
「ああ。で、僕にもお呼びがかかったわけか」
「手は抜いたらお姫様の機嫌が悪くなるから、気をつけてくれよ」
「そんなことを言いにきたのかい!」
「ああ。この後全員するから、がんばって」
「ちょ、それは僕に死ねと!?」
「がんばれ。今回は激励だけだけど」

フレンをおいて、ユーリは歩いていく。その背中を見ていたフレンは考えていた。激励というよりも死刑宣告っぽく感じるのは気のせいじゃないだろうと。これがシュバーン隊長でも同じことを思うはずだ。

一応こちらも シュタインズゲートより(一通り見てるしやってる)

「オカリン、大丈夫?」
「まゆりか。大丈夫とは何がだ?」

普段の岡部の言葉。といっても、普段より元気が無いというべきか。それはラボメンの面々が気づいてる。なんせ、一応のところ所長が元気でないというのだから。正直顔色が悪い。貫徹とかでは無いのだろうけど、どうにも精細にかける。小さなミスを連発してる。最初は笑っていたのだけど、どうにもこうにも分かりやすいというか。もしかして、どこぞのDメールによりってやつか?

「Dメールの影響とか言わないわよね?」
「そういうのとは違うのだが、ちょっとしたものを作っていたら、時間を喰ったのだ。徹夜程度なんとも無いわ」

と何時ものように厨二病全開なのだが、その声にちょっと元気が無いのだ。まゆりも気づいてるし、他の面々にしても、まゆりの様子から分かるというか読み取れる。明らかにおかしいと。

「で、本当の所どうなのよ?」

正直に言えとにらみつける。流石にちょっとうなった。実際に何かがあったか、それとも

「朝、ミスターブラウンにシスターブラウンの世話を頼まれて、一緒に遊んでいたんだ。昼前までだが。誰も来なくてちょっと疲れただけだ。何気にサボったバイト戦士には後々、ミスターブラウンから酷いお叱りをうけるだろうがな」
「アレ? 私は今日は休みじゃあ」
「連絡手段持たないからなぁ。ミスターブラウンも急な用事と言っていたがな」
「って、それ、私のせいじゃない」
「それもそうだが、俺としては結構大変だったんだぞ」

しかし、岡部が疲れるほど連れまわしたよおうには思えない。その綯ちゃんなんだけど、今はおうちで夏休みの宿題中だとか。下の階が静かなのは、そういう理由なんだろうなぁ。今日は臨時休業ってところだったんだろう。

「あれ? じゃあ、空いてないからこっち着たけど正解だったの」
「まぁな。頼まれたのはお昼ご飯までだしな。その後こちらに着たら全員勢ぞろいだったわけだ」
「オカリンオカリン」
「なんだ?」
「リアル幼女と遊ぶなんてうらやましすぎるお」
「連れまわされただけだがな。早くにきていたら、ダルも味わえたぞ」

少し悔しそうな橋田に誰も声をかけない。要らない事はしないというか、下手な慰めはよくないから。

「でも、綯ちゃんってそんなに暴れるタイプじゃないのだけど」
「歩き回っただけだからな。後々フェイリスのところにも寄ったんだが。まゆりも居なかったからな」
「夏コミ前だしね。服をね」

納得だ。それにしても、なんだか不思議だ。綯ちゃんと岡部の組み合わせが。嫌ってるというか怖がってる感じだったと思うのだけど。それでも今は家で大人しく宿題なんかをしてるらしいのだけど。

「夏休みの日記に書ける内容になってるだろうな」
「あんたと一緒のことを書いてどうするのよ」
「ま、歩いた感想みたいなものだろが、本人がどう思ってどう書いたかなんて俺も見れないだろうしな」

確かにその通りだが、どうにも疲れさすほど歩かされたってのが驚きだ。綯ちゃん恐ろしい子だわ。岡部が大人しいのは助かるけどね。他の面々も同じように静かだけど。

「そういえば、まゆりは何で岡部を心配してるの?」

ふと思い出した。どこに心配する要素があったのか、全く無いように思えるのだけど。

「綯ちゃんが車に轢かれそうなのを身を挺して守ったのがオカリンだったからだけど」
「はぁ? 車に轢かれそうって、大事じゃないの!」
「怪我とかは一切無いから大丈夫だ。ちと昨夜の雨で濡れていた水たまりに突っ込んだくらいだ。で、濡れて帰って来ただけだ。心配には及ばんだろう?」
「綯ちゃんが無事なのは嬉しいけど、オカリンも無事じゃないといやだよ」
「わかったわかった」

本人にも多少は自覚があるのか頷く。なんだかんだでまゆりには優しいというか気心しれてるからこそだろう。

「それに大して濡れてないし、帰ってくる間にしみになった程度だろうに」
「擦り傷と打ち身してたし。綯ちゃんの前では我慢してたくせに」
「見えない位置だったし、これであの小娘が気にするところなど見たくもないからな」

そういうことか。なんだかんだで気にされても困るというよりも、返答に困るって事なのだろう。岡部にしてはなんだかぽくない反応なのだが。

「とりあえず、Dメール実験は今日はお預けだ。他のガジェット開発を急ぐか」
「他の?」
「軍資金稼ぎだお」
「ああ、そうだったわね」

研究機関とかでも無い上に、大学生が立ち上げたラボ。その居心地は良いのだけど、資金難というのが難点だから。さて、私も作りますかね。私っぽいもを・・・

TOVより(XBOX360から)

「寒い~」
「カロル、流石に吼えてもどうしようもないぞ」
「そういうユーリは寒くないの?」

普段着で氷刃海を越えてるのだからそりゃあ寒い。しかも今の時期は氷がくっつくほどだ。その中で普段と変わらない服装のユーリ。一応寒さ対策ということで全員がそれぞれ防寒具を着てるのだが。

「寒い寒い言っててもはじまらね~しな。それに俺、ほとんど戦闘出させてもらってるし、動き続けだから」
「変わろうか?」
「変わったら寒いと思う」

そういうユーリからはちょっとした汗も流れてる。湯気みたくなってるのは周囲の気温の低さからだろう。

「ユーリとジュディスが二人して、魔物をガンガン倒してるからね。なんか出番無いってリタやエステルも困り顔だよ」
「動いてないと凍えそうだけどな」
「料理できたって」
「サンキュ。しかし、あれだな、この寒さに慣れないおっさんはある意味困り者だな」
「そうね。動いてないもの」

戦闘、料理と動かずついてくるというだけの人になっている。ちなみに、ラピードに犬ぞりを頼もうとか考えたりしたのだが、恐ろしいかぎりだ。その後エステルに叱られたりするのだから尚更である。

「もうすぐしたら此処を抜けれるはずだ。さっさと用事終わらせて、温かいところで休もうぜ」
「そうだね」
「私もそれに賛成」

氷刃海の魔物を狩って、それぞれを素材を持って、次なる土地へといくのだった。アイテム集め。そして、作った武器でもって新たなスキル獲得である。

シュタインズゲートより(だーりん関係なし、やってないので)

「だるくん、おかりんは?」
「おかりん? おかりんだったら、さっき出かけたお」
「そっか。顔色悪かったから、気になったんだけど」
「そうだったかお?」
「どこに出かけるか聞いてない?」
「確か近くのコンビニって」
「そっか」

パタパタと出るまゆりにダルは少しだけ笑う。『おかりんの人質なのです』と言っていたまゆりだからこその心配なのか、それともという所がつくが。

「しかしあれだな。私には聞かないのね」
「多分、普段の癖だお」
「そうなんだ」
「それに、牧瀬氏、気づいてなかったお」
「そういわれても普段どおりにしか見えなかったから」
「僕もそう思う」

だが、付き合いの長さから分かるというのもあるのも事実だ。だからこそ、まゆりを止めないのだが。

「ただいま~」
「って、早いわね」

ドアを開けて入ってきたまゆりと岡部。岡部はぐったりと崩れ落ちた。

「岡部!?」
「大丈夫かお?」

びっくりして二人が岡部に駆け寄る。

「ベンチで休んでた。やっぱり寝てたほうが良いよ」
「しかし、今、何も無いから」

冷蔵庫やら他食べ物系が無いのだ。それで買い出しとついでにおかゆでもと思ったのだが、そこに行く前に体力が続かなかったのだ。

「買い物してくるわ。ちょっとした食べ物とおかゆくらい」
「悪い」
「橋田はどうする?」
「僕は今日は帰るお。流石に邪魔しちゃ悪いし」

空気を読んだというか考えた結果だ。ただ、この後の展開を読んだのかもしれない。

「紅莉栖ちゃん、お願い」
「まぁ、本当に適当になるからね。じゃあ、また」
「うん」

ソファでぐったりしてる岡部に皆、それぞれのすべきことをする。ただ、岡部は知らない。この後、女性二人の看病により、病気になったら大変であるということが。

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R