忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深夜更新(金曜の12時過ぎです)後クロスもの

「フェイトちゃん!! 待って!!」
「なのは、もう良いんだよ」
「でも、どうして! 何で!?」
「犯罪者になりたくないから。だから、ごめんね」
「生きてて欲しい。ヴィヴィオだって、そう願うよ!!」
「ごめんね。でも、もうこうするしか方法は無いの」
「そんなの性急すぎるよ!!」
「ごめん。誰かが此処で食い止めないといけないことだから」
「フェイトちゃん!!」
「なのは、ヴィヴィオによろしく伝えておいて。それと、エリオとキャロにもはやてにもお願いね」
「フェイト、ちゃん」

間に合ったなのははフェイトがどれほど辛いか分かっていた。魔力を吸い取るロストロギア。だが、それは周囲を無差別に吸い取る悪魔のようなものだった。吸った魔力を貯蔵し、それを爆発へと変える。それの解除は一つ。人身御供。一人の命で魔力の爆発が止められる。だが、その止める人はAAAランク以上の魔導師でなければならなかった。

「間に合わないって分かったから。なのは、ごめんね」
「分かったよ」
「それじゃあ、ばいばい」
「あ」

フェイトは自分の意識が黒く塗りつぶされていくのに気づいた。

『フェイト、貴方はこの道具を間違って知ってます。これは、願望機というものです。正式名称は<クロノス>。貴方には選択肢が与えられます。生まれも何も関係ない、貴方を必要としてる世界に送りましょう』

その声は優しい。フェイトは驚いた。何故声が、と。なのはに伝えたい。だが、出来ない。

『貴方と周囲から奪った魔力を元に、貴方を違う異世界に飛ばします。でわ、さようなら。良い旅を。運命の子よ』

その言葉が途切れると共に、フェイトは急なことに驚いていた。此処がどこか分からない。

「此処は? バルディッシュ」

答えは無い。杖が無くなってることに気づいた。握っていた手の平は空で、寂しさすらもある。

「何処なんだろう?」

フェイトは周囲を見て、自分の服装も見る。そして、身体が小さくなってることに気づいた。自分が誰か分からない。がさっと音がしてフェイトは音の方向を見る。

「目が覚めたのですね。大丈夫ですか? 倒れてたのを此処に連れてきました」
「あり、がとう。あの、貴方は?」
「名前だけで悪いが恭也だ」
「恭也さん?」
「ほとんど同い年だと思うが。街まで、送るが」
「り、両親は、居ません」
「親戚は?」
「分かりません。知り合いも」
「むぅ」

困った顔をしてる恭也にフェイトも少し困った顔をしている。そして、二人の間にひとりの男性が来た。

「恭也、起きたか?」
「ああ。こちらは」
「フェイトです」
「士郎っていうんだ。しかし、可愛い子だな。恭也、大事にするんだぞ」
「って、父さん、まさか!」
「ああ。俺は仕事だ。フェイトちゃん、悪いが、しばらくこの子と此処に居てくれ。悪いようにはしないから」
「はぁ」
「恭也はそこそこに聞き分けも良いから、不自由な事があったらいうと良い。恭也、頼んだ」
「はいはい。それより、帰らないといけないんだからな」
「分かってる」

そして、士郎は離れていった。フェイトは首を傾げてる。そして、その出会いは色々な波紋を呼び起こすことになるのだった。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R