忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kanonより

「相沢、次お前の番だぜ」
「あ~、パス」
「おっ、どうしたんだ? 前の時もだったぜ」
「出せる札が無いんだよ」

斉藤と北川と相沢の三人で集まってトランプゲームをしていた。賭けをしてるわけじゃなく、時間つぶしにだ。ただ、運が無いのか相沢の手札は悪いらしい。

「このまま俺たちが勝つぜ」
「おお」
「かもなぁ」

ただ、どこか目をきらりと光らせて楽しそうに言う相沢という男。勝ち負けというのにあまり執着が無いというか、楽しそうにゲームをしている。

「これで終わりだ」

大富豪というゲームをしてる三人。クラスメートたちも見ている。楽しげにってところがつくが。そして、残り一枚という所で勝負をかける斉藤。

「ん」

一枚出して場が騒然となる。ジョーカーの数は二枚。一枚出ていててっきり北川が持ってると皆思っていた。伏せたカードの中に何があるか把握している。それは三人ともだ。

「げっ」
「じゃあ、こっちからいくぜ」

その後相沢が出したのは、3枚組み、2枚組みのオンパレード。北川も最初は対抗した。といっても、2枚組みになって2度出して残り一枚に持っていった。だが、相沢のはえげつなかった。上の数字になればなるほど枚数は少ないのは確かだ。一番強いのでもKだった。だが、Aと2がなくても闘い方はある。大富豪とはそういうものだ。そして、相沢も残り一枚で先に出す。

「上がりっと。だいぶ負けたから同じくらいかな」

大富豪の大富豪になったほうという事で計算すると、確かにそうだ。が、敗北感は斉藤と北川にあった。負けたというよりも、その手口の鮮やかさにだ。相手の枚数ギリギリを選んだ攻撃であるのは確かだし。ちゃんと覚えていたのだろう。

「そうだな。全員同じくらいだ」
「というわけだし、そろそろ終わろうぜ。受験も控えてるし」

受験の疲れからちょっとした娯楽をしていた三人。クラスメートたちもそれもそうだと机に戻る。そして、トランプを配っていた美坂から声がかかった。

「どこまで計算してたの?」
「秘密だ」
「そ」

計算。相沢という男が全て握っていた? まさか。勝率を弄るのは難しいことだし、トランプという運の要素もあるなら尚更だ。勝率というのを計算できるというのではないだろう。トランプのことだろう。三人でしたときのカードの枚数は52+2の54枚。それを3で割って、一人18枚。勝利を拾うのは意外と出来るだろうが、それでも頭は使う。受験で疲れてる頭でやってのけたのは馬鹿なのか、それとも悪戯心か。まぁ、それでもクラスメートの一人としては面白い勝負だった。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R