忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TOVより(XBOX360より)

「ユーリ」
「ん、エステル、どうかしたか?」
「いえ、ずっと料理を任せっぱなしなので手伝います」

戦闘を終えて、ちょっと小腹が空いたのでって事で料理を作っていたユーリ。勿論パーティ全員分。皆が皆欲しいというわけでは無いが、それでも疲れた体に栄養補給は重要だ。そして、ユーリは毎回食材を見て、何かしら作る。

「って言っても、もう終わるし。先にシートやら引いておいてくれたら良いぞ」
「そうですか?」
「後、皿も出しておいてくれ」
「はい」

嬉しそうに手伝う様にユーリは小さく笑みを浮かべる。まだまだ闘わねばならないのは確かだが、こういう休憩中の一時というのは大切だ。気は緩めてないが。いざとなれば包丁で敵を裁かねばならないだろう。近くにユーリの剣が無いためだ。といっても、その心配は少ない。ホーリーボトルを回りに引いてござを引いてるからだ。結界みたいなものだから。

「出来たっと。お~い出来たぞ」
「ありがと、青年」
「ありがと、ユーリ」
「毎回悪いわね」
「ありがたくいただいとくわ」
「わふ」

それぞれがお礼を言って取っていく。ただ、この時皆が皆違和感を覚えた。

「いただきます」

全員にいきわたったのを見てユーリは一口食べる。皆も食べる。大鍋で一気に作る料理というのをエステルは普段食べないのだが、こういうのも好んでいた。最近の食事ならではなのだが、人数が増えてにぎやかになった分楽しい。

「この後どこだっけ?」
「バウルに乗って、一度帝都に戻る予定だったわよね?」
「そうだっけ? 何か用事だっけ?」
「まぁ、そうね」
「おっさんを休ませるためっていうのと、買出しもかねてな。此処からだとそこが近いし」
「食材とか大丈夫?」
「まだ、何とかって所だ。後二度三度で切れるな」
「そっか」

食べながら次の予定を話し、そして決めていく。ギルドのことも、他のことも。目的地は決まっている。先ほどまではちょっとしたモンスターの様子を見に来たにすぎない。買出しも終われば本格的に目的地を目指し突き進むのみだ。最善を尽くす事は悪いことじゃないから。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R