忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FORTUNE ARTERIALより


「孝平」
「かなでさん、どうかしたんですか?」
「ひなちゃんのこと、お願いね」
「は?」

一瞬意味が分からず、首を傾げてると、かなでさんは真剣な目をしていた。お願いされても、陽菜はしっかりしてるし、俺がお願いされるなら分かるんだけど、そうじゃないところが謎だ。確かにかなでさんはもうすぐ卒業という、別れの季節でもあるわけだし、その分陽菜だって分かってるから動いてるのでは?

「私が卒業して、離れちゃうけど、ひなちゃんの相談とか話とか乗ってあげてって事」
「ああ。確かに俺が何かって言うのは無いですからね」
「逆に私にとっては弟っぽい孝平も心配なんだけど、そのあたりはえりりんときりきりに言ってきた」

もう言った後ですか。いや、かなでさんらしいかな。

「きりきりはだいぶ渋ってたけどね」
「らしいですね。それで何で陽菜だけ俺に?」
「弟に華を持たせようかなって。へーじはちょっとね」
「出来るだけ気にかけておきますよ」
「うん、お願いね。さ~て、部屋の掃除でもしようかな。私掃除苦手だし」

卒業なんだなと思う。会長も東儀先輩も。寂しいとは思う。こうやって後に残されるのは初めてだ。逆に置いてばっかりだから。ほとんど親交の無い生活だったからなぁ。此処にきて正解だったかな。

「孝平、どうかしたの?」
「いいえ。何でも無いですよ、かなでさん」
「そ。早く入らないと寒くなるよ」
「そうですね」
「風邪とか引いてひなちゃんに気を使わせたら駄目だからね。ひなちゃんのことだし、うつされそうだから」
「ですね。さ、俺も部屋の片付けしないと」
「あれ? 孝平の部屋って片付いてなかったっけ?」
「昨日のお茶会のごみとかそのあたりですよ。今日も来るなら片付けくらいはしますよ」
「あはは、お願いね~」

こうやって集まれるのも後何度だろうか。それでも、その日が来るまで俺たちは続ける。今を目一杯楽しむために。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R