忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱりこせてないけど、TOV


「ジュディ、どうだ?」
「ええ、倒せたわ。大丈夫、エステル、リタ」
「大丈夫です」
「私も大丈夫よ」

二人の返事にほっと一息。歩いてる時に魔物に襲われるなんてざらだ。後ろからも前からも注意しておかないとぱくりと食べられたり、危険な目にあうことが多々あるもの。そのため、後衛でも攻撃力が高かったりするのだが。

「おっさんは楽できて嬉しいのだけど。こう甘いものが続くのは」
「戦いの後は甘いのが一番だよ。俺にとっては」

ラピードももぐもぐと食べてるし、カロルも食べてる。ジュディスもエステルもリタも嬉しそうに食べてる。同じものばかりというのも辛いものなのだが、TPを回復させるのには、甘いのが一番なのだ。ラピードは嫌がりそうなのだが、ユーリのお手製となれば、喜んで食べてる。

「わんっ!」
「え、私にくれるの?」
「リタが功労賞って事なんだろうな」
「犬に褒められるって」
「まぁ、受け取っておけよ。食べれるだろ?」
「ま、まぁね」

本を持ってたら食べれないが、甘い物は嫌いじゃないし、何故かユーリの手作りは評判が良い。美味しいのが原因なのだが。ちなみに、エステル、リタ、ジュディの三人は動かないと太ってしまうということで、今回無理やり戦闘に参加である。腕をなまらせるのもって意味もある。ユーリが入ってるのは、単なる戦闘が好きだからだ。

「リタの魔法がなかったら危なかったものね」
「援護じゃなくても、攻撃で怯んだりしてくれると助かるからな」
「ふふ、素直じゃないわね」
「ジュディに任せるよ」
「ふふ、ご馳走様。そういえば、連携してるときに気づいたけど、ユーリも飛んで攻撃入れたらどうかしら?」
「周囲が許しちゃくれないさ」
「私は一対一に持ち込めるからかしらね」
「ま、俺は周囲を警戒するだけで、ジュディも闘いやすいだろ」
「ありがと」

一対一なら負けない。その意味が含まれてる。

「あの、詠唱中助けていただいてありがとうございました」
「仲間だもの。それに、ユーリが最初に技を出してくれたおかげで気づけたのよ。私にお礼を言う前に何時も守ってくれてる人にも言いなさいな」
「ユーリ受け取ってくれません」
「仕方の無い人ね、本当に」

ジュディは色々な思いを込めてユーリを見る。ユーリはユーリでカロルと何か話してる。これからのことだろう。ユーリは女性二人が固まってるのを見て小さく手を振る。こちらに来てって事でだ。二人とも小さく笑い合いそちらへと行く。これからどこに向かうかというのもあるから。


(何となく書き出したもの。実際に色々会話とかしてただろうなぁ。どんなこととか言っても他愛無い話でしょうけどって事で。こんなけです。でわでわ~ノシ)
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R