忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kanonより


「舞」
「祐一、こっち」

病院の前で祐一と舞は待ち合わせしていた。今日は二人にとって大切な友人の退院の日だ。怪我酷かったので病室で試験も受けてた。倉田家の大きさが分かる。舞としても大学は行くということで受けていた。そして、今日は2月の末。その後卒業式も控えてる。

「待たせたか?」
「大丈夫。それより佐祐理のところに行こう。荷物も持ってあげないと」
「そうだな」

あまり会えなかった祐一だった。祐一にとってしてみれば、あの時入院前に会って以来あってない。佐祐理が連れてこないで欲しいと頼んだのだとか。祐一としてもその願いを聞き入れたに過ぎない。

「失礼します」

ドアをノックして中に入ると私服で何時もの佐祐理が居た。

「いらっしゃい、舞、祐一さん」
「佐祐理、退院おめでとう」
「おめでとうございます。荷物持ちますよ」
「あはは~、ありがとうございます。ちょっと荷物が多くてどうしようか考えてたんですよ」

お見舞いの品とか、色々と多いのだ。舞と祐一は、荷物を受け取る。

「卒業式に間に合ってよかった」
「はぇ?」
「だって、花束二人に渡したいじゃないですか」
「あはは~、祐一さんってば、舞だけじゃないんですか?」
「そんなことないですよ」

祐一も笑顔で二人に渡すためって事で花束を買ってる。受け取りは卒業式当日の朝である。他の在校生も大概そういうものである。舞はその様子を知ってる。退院の花束を買ってるときに祐一が頼んでいたからだ。見ないふりしてたりするのだ。そして、三人は荷物を両手に持って病院を後にした。卒業式に間に合うことに佐祐理は素直に喜んでる。舞と共に卒業できるのだから。
PR

コメント

はじめまして

はじめましてyasuといいます
久しぶりにこちらに来てみてTOPが変わってないと思ったらまさかの日記更新とは、しかもSSもあるとは・・・、全く気づかなかったです

まだ、ミニSSを読んでないので楽しく読ませていただきますw
【2010/03/18 02:14】 NAME[yasu] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

初めまして。あまり更新してませんが、土曜に大概こちらを更新してます。ちょっとでもお楽しみいただけたなら幸いです。

でわ、これで失礼します。
【2010/03/20 12:13】 NAME[遊び人] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R