忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とらいあんぐるハート3より


「恭也様、どうかされましたか?」
「いや。ちょっとな」
「私のことですか?」
「……むぅ」

理解されてるというのは分かってるつもりだ。だが、忍と俺との結婚を彼女は後になって聞いたのだ。何とも辛い事だとも思う。だが、彼女は、ノエルは微笑みを浮かべてる。感情が無いとか言っていても、実際にはあったのだ。だが、本人が気づかないだけで。

「お嬢さまと恭也さまの結婚は私にとって嬉しいことです。お子様が居るなら尚更ですが」
「それが不思議なんだが、嫌じゃないのか?」
「私には子供を産めません。ですから、共に居れるのは嬉しいかぎりです。それに、恭也さまがこうやって時間を作って一緒に居てくれますから」
「忍がなんだかんだと作ってくれてるだけなんだがな」
「そうかもしれません。ですが、共にいれてます」
「そうか」
「それに、恭也さまとの逢瀬を許されるというのは、妻としては不安だと思いますよ」
「かもしれんな」
「だから、恭也さま、一時は私のことを。恭也さまが私を思うことと同じように」
「分かった。すまんな」
「いいえ。最もな意見だとも思いますから」

ノエルと一緒の日。子供は忍と共に居る。ノエルの家の掃除などを自分がしてるのだそうだ。あまり細かいのはしないが。そして、俺はノエルと共に居る。忍にとっては心配つきないことだろう。だが、望んでいたことでもあるようだ。ノエルの感情と俺というキー。それを自らも望んだのだから、良かったという言葉がちょっと嬉しくもあり、悪いとも思ってる。

「恭也さま」
「ノエル」

だから、この一時をノエルと共に過ごそう。またにぎやかになるのだから。静かな、和やかに。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R