忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅まきながら


「メリークリスマ~ス&名雪誕生日おめでとう」
「メリークリスマス、それにありがとう。あゆちゃん、真琴、お母さん」

水瀬家のクリスマス。それは、名雪の誕生日祝いでもある。勿論、本来なら相沢祐一も参加なのだが、本日に限って言えば、23日から連続してパーティしてるからと今日は違うところに言っている。25日は彼女と一緒にって魂胆があるためだ。

「祐一さんが居なくて残念?」
「ううん。それに、祐一のことは仕方ないよ。お付き合いしてる人がしてる人だし」
「良かったわ」

秋子としては心配の種であった。相沢祐一は甥にあたり、秋子にとっては一人の息子とも言える。名雪の思い人でもあったのだが、以前彼女が出来てだいぶ落ち込んでいたが、今ではだいぶ吹っ切れたのだろう。それが良かったのか、名雪は段々と綺麗さが増してきている。

「今頃、祐一くんもお祝いしてるのかな?」
「そうじゃないらしいよ。一緒に遊ぶって約束らしいし」
「え?」

あゆの言葉に真琴は首を傾げる。それってデートでは無いのだろうか、と。だが、名雪は笑いながら言い切った。

「ほら、あの二人だから。一緒が良いってことで祐一も最初は考えてたけど、三人で共にって。昨日はほら居なかったわけだし」
「そっか。祐一くんも大変だね」
「ふん、丁度いいくらいなの」

真琴の小さな悪態に秋子さんは微笑みを浮かべてる。何時ものことだから。なんだかんだで祐一は慕われ好かれてる。だが、本人は選んだのだ。もう好きな人を。それ以上を選びはしない。今日くらいは楽しんできたらと送り出した。娘たちが祐一に色々とプレゼント貰ったのだし、彼女にも渡さないといけないだろう。初めての恋人たちのクリスマスなのだから。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R