忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kanonより

「相沢さんは、強くあってください。私は弱かったから」

それが天野美汐の最後の言葉だった。

「ごめん、相沢くん。私は弱い人だから」

それが美坂香里の最後との言葉だった。

「祐一さん、佐祐理は舞と一緒に居ます」

それが倉田佐祐理の最後の言葉だった。
俺は一人どうして良いか悩んで考えて、結局何も出来ずにいた。誰も助けられず、過去のことを思い返し、思い出しても、何も出来ず。彼女たちは俺が過去したことによる二度目の決別により、死を選んだ。しぶとく生き残ってるのは俺だけだった。名雪も、秋子さんももう居ない。真琴も、舞も、栞も、あゆも。過去を思い出し、慌てて色々探し回り、そして、見つけたのは息を引き取るほんの少し手前だった。月宮あゆは数年前から意識を戻すことなく、死んだ。無力とかそんなんじゃない。過去の事があって、覚えててもどうしようも無かったかもしれない。彼女たちを死から助ける方法はあったかもしれないし、無かったかもしれない。それでも、俺は無力だと突きつけられた。両親が来て、色々と大人の事情的なものは片付けてくれた。

「祐一、どうする?」
「母さん?」
「此処に居ても辛いなら、私たちと来る? それとも、日本のどこか違うところに移る? 引越し多かったし、他のところでも良いわよ」

かあさんだって秋子さんが事故死は辛いだろうに、それを表に出さない。父さんが受け止めてるのだろう。俺は……

「日本を離れたくは無いし、以前一番長く住んでいた街に居させて欲しい」
「……そう。分かったわ。一緒に居てあげたいけど、難しいし、一人暮らしは流石に、ね」
「ああ。じゃあ、どうするんだ?」
「幾つか電話かけてみるわ。祐一、もしも無理だったら強制で私たちと一緒ね」
「分かった」

もう、どうしようもないこともあるけど、それでも。そして、俺は違う街へと引っ越した。父さんの大学時代の仲間で今でも仲が良い人。そして、俺も知ってるおじさん、おばさんが居て、年が近い姉と弟が居る家だった。父さんや母さんの謎の人脈だとふと思う俺だが、秋子さんも謎だったなと納得するのだった。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R