忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とらいあんぐるハート3より

「危ない、那美さん」
「あぅ」
「うぁ」

助けようとした側も一緒に転んでしまっていた。それを見ていた面々はため息をつく。毎度のやり取りというわけではないが、那美がこける、助けようとして一緒にこける美由希。恭也としては、仲が良いのは良いんだが、那美と美由希の双方に剣を教えてる者として頭を抱えている。なんせ、やはりこけるからだ。特に姉弟子である美由希が。妹弟子くらいしっかり支えろよって事になる。ただ一度戦いとなればこういうのをさせても問題が無い。どうしたら良いか恭也としても考え物であるのだ。

「お姉ちゃん、大丈夫?」

一番下の妹、なのはが久遠と共に声をかける。恭也は日々成長する妹に感動しつつも美由希に目を向ける。あの剣士の切れを普段の1%でも出せたら良いのにと思わずにはいられない。まぁ、でも、普段の行動がカモフラージュになってるから良いのかと悩む。結局辿り付くところは己じゃないから良いかというちょっと酷い考え方なのだが。それは恭也の胸のうちである。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R