忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タクティクスオウガ~運命の輪~より

「デニム!!」

騎士団の後方で回復に勤めていたオリビアから叫び声が上がる。デニムは先ほど敵の矢に当たりしっかりとした休息と眠る事が必要だったのだ。そのために、今は他の面々が前線に立って闘っている。

「今の状態を維持!!僕も参加します」
「大人しく寝とけ」

その声はデニムの前からだった。

「お前が倒れて心配なのは皆一緒なんだ」
「そのためにいらない犠牲を強いる必要は無いはずです」
「だからといって、お前が前に出れば狙い撃ちだぞ」
「それこそ意味があるはずです」
「バカ野郎。何のために俺たちが居ると思ってる。的なら前に居るナイトと忍者が頑張ってくれてるさ」

カノープスはそういうとにやりと笑う。そして、矢を番え構える。その姿は頼りになる戦士だ。

「しかし、それでは難しいところもあるでしょう」

全面戦争。そういっても過言でも無いし、これによりヴァレリアの未来が決まるという戦いだ。南北に別れ、もう少しで統一。そのための戦だ。

「大丈夫さ。全部を背負い込む必要は無い。何より、お前さんは隣のオリビアと戻ってきたラヴィニスの説得をしないとな」
「何してるのですか? 貴方は大将なのですから、怪我の治療が終われば出なくてはなりません。この程度の戦力くらい倒すのになんてことは無いのですから、安心して後ろにいててください!」

槍でつつかなくとも大人しくしていろと目がいっている。オリビアも着てデニムを捕まえる。文字通り身体全部でデニムの腕を捕まえていた。外すのは簡単だが、体力のあるほうではない彼女は息が乱れている。

「『僕は大丈夫だから、他の人を』って言っておいて、一番ダメージ大きいから寝ていてもらったのに」
「でも、本当に大丈夫だから」
「本当に大丈夫なのは分からなくもないけど、休むのも仕事なの」
「パルミーフリーズ」
「えっ!」

デニムはその声に驚いて振り返る。カノープスが手を振っていた。魔法を唱えていたのはラヴィニス。眠ってもらっておこうということだ。怪我の治療もまだなのでその分も手伝って魔法の抵抗力が落ちていた。ゆっくりと倒れるデニムをオリビアが支える。

「連れて行ってくれて大丈夫よ。私たちに任せなさいって」
「ごめんなさい」
「良いのよ。さ、前の敵を殲滅しますか」
「ああ」

三人ほど走ってきている。デニムを倒せば勝利だという感じで突っ込んできたのだろう。その三人を前に槍と弓を構える。

「行くわ」
「援護は任せろ!」
「OK」

そして、ラヴィニスが走りこみ、それを追い抜いてカノープスの矢が敵に到達するのだった。デニムはオリビアに運ばれて眠りこけることとなる。起きたとき、その場の戦いは終わっていて、起こしてくれたら良いのにとふて腐れていたが、皆が皆、少しは休めと揃えて言われていた。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R