忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モンスターハンター3より(3Gでは無いです)

温泉があるユクモ。そこでハンターの男性と女性が二人のんびりと喋っていた。

「いつも、のんびりと入る事は無いけど、こうやってのんびりと入るのは良いよな」
「そうですね」

身体の肩まで浸かって、その後すぐに立ち上がる。しかも早着替えもつけて。
まぁ、脱ぐときは早いし、着るのも早いので良いのだが。鎧などは大変だが。

「酒がうまい」

空に浮かぶを月を眺めて男性のほうは、温泉と月を肴に飲む。女性のほうは上を見上げて、ふぅと息を吐き出す。

「寒いところから、こうやってきて、あったまりますね」
「そうか。俺は此処で初めてだったからなぁ」
「初心者からだったんですか?」
「まぁ。でも、村の人たちの親切なおかげでね。温泉も好きだし、好きに使えるのはありがたいからな」

男性のほうは温泉好きもあってか、此処に馴染めたようだ。

「あんたは、確か山からって?」
「ええ。少し遠い山の村からですね。長からお使い頼まれたついでですが」
「帰り?」
「はい。お届けものだけですから。あ、私も一杯貰っていいですか?」
「良いけど。すぐ回るけど」
「その時はよろしくお願いしますね」
「まぁ、俺が飲んでるの見て、自分もって気持ちは分かるから、引き受けよう」
「ありがとうございます」

ガンナーであろう女性とであったのはたまたま温泉の手前でだ。男性もゆっくり浸かりに。
じゃあってお互いに一緒に入ったのだ。色々倒したとか話も意気投合したし。
お互いハンターだったのが大きいが。

「おいしい」
「そか」
「パートナーカード、渡しますね。後で」
「そうだな。俺も手伝える事があるなら手伝うさ。邪魔にならない程度に」
「いえいえ。私のほうが邪魔になるかもしれませんから。ほんと良い月と良い星空です」
「そうだな」

飲み干し上を見上げる男性が見えるのは綺麗な月と星空だ。

「じゃあ、これで」
「ああ」

そしてお互いに着替えてパートナーカードを交換した。一度の出会い。そこで交わした杯とカード。この結びつきがハンターたちの間で新たな関係を表しているのだった。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R