忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MH3より(Gは無いよ)

どうしようか?

「どうかしたのか?」
「あそこ」

そこには大型モンスター。リオレウスがのっしのっしと歩いていた。

「今の俺とお前とでやりあうわけにはなぁ」
「それで、とりあえずペイントだけでもって思ったのだけど。無いから」
「俺はあるんだけど、ぶるってしまってる」
「少し貸してもらえる。戻ったら返すし」
「いや、使ってくれ。俺、あまり投げるのうまく無いのかどうにもな」

苦笑いでペイントボールを受け取る。しかし、此処で用事もあるので、次に投げる玉を忘れない。

「この後、こやし玉投げるから」
「了解」

見つかったらしばらくは逃げ回らないといけない。もう一人は違う場所へと向かうのだろう。

「もしも倒れたらごめんね」
「いやいや、危険な役目を頼んだんだし、良いよ。しかしリオレウスは流石になぁ」
「アイルーはやる気満々なんだけどね」
「ま、好奇心旺盛ですから。じゃあ、頼むわ」

しゃがんだ状態だったのを立ち上がって、すぐさまペイントを投げて当てる。そして、こちらに気づいて顔をこちらに向けたときにこやし玉も投げる。よし、直撃。後は。
咆哮を上げて、こちらへと突進してくるリオレウスからダイビングで逃げる。盾もちなら良かったのだけど、今はしがないライトボーガンもちのガンナーだ。ペイント弾くらいは持ってくるべきだった。反省反省。これからはちゃんと生かそう。アイルーくん、頑張ってるなぁ~。あ、踏まれた。蹴られてるし。どこかに飛んで行くリオレウス。ふぅ。飛んで行くのを隣から仲間が出てきた。

「お疲れ様」
「いえいえ。そっちで何か取れた?」
「いや、出なかったわ。しかし、魚釣りは少し面倒だよな」
「仕方ないわ。さ、ちゃっちゃとしちゃいましょう」
「そうだな」

二人でギルドからの依頼をこなすのだった。黄金魚6匹。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R