忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Fate/EXTRAより(キャスターエンド、女主人公より)

「タマモちゃん」

冷凍装置から目覚めたときに私の世話というか、私の近くにはラニさんとタマモちゃんが居た。タマモちゃんは狐耳の小さな女の子だ。妖精とかに近い。私とは何らかの形で繋がってるらしい。

「楓さん、どうかしましたか?」
「病気が治ったのは嬉しいけど……」

自分のことを少し教えてくれた。過去病気の治療法法が確立されて、それを執刀できる人が居なかった。だけど、ラニはそれを踏まえて努力してくれて治療してくれた。そして、傍に居てくれてる。何でもとある場所、よく知らないけど私にお世話になったらしい。命を助けられたとか何とか。

「家族も知人も友達もこれから作れば良いのだろうけど、色々と変わったんだね」

とりあえず、目の前にあるものを見る。小型化された携帯と呼ばれる電話。メールやカメラと多数の機能がある。そういうのも私は遅れてるのだ。ラニという先生が居るおかげで色々と教えてもらってるし、タマモちゃんが家事などを手伝ってくれる。教えてもらってるときもあるのだけど、まだまだタマモちゃんのほうが上手だ。

「聞いてくだされば教えますよ。それに、リハビリもありますし」
「ありがとう」

こんなけ恵まれた環境は普通は無いだろう。私は幸運な部類だろう。ただ一つムーンセルに吸収された自分の別人格は最後幸せだったのだろうか。タマモちゃんは知ってるとのことだけど、聞いたら悪い気がするのだ。一度聞いたら秘密と笑顔で断られた。いつか聞けるほど心が強くなったと思ったら聞こうかな。私とは違う私が戦った記憶を。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R