忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FORTUNE ARTERIALより

「う~ん、何も無いな」

自室へと戻ってきたんだけど、すでに食堂もしまっていて夕飯を食べ損ねてしまった。誰かに頼んでおけばよかったのだけど、うっかり忘れてしまった。生徒会の仕事で忙しくて忘れてたのだけど。ドアのノックの音で誰が着たのか分からないけど、ドアを開ける。

「あれ? 陽菜、どうかしたのか?」
「うん。ほら、孝平くん、夕飯食べ損ねたんじゃないかなぁって」
「正解だけど。何で気づいたんだ?」
「お姉ちゃんだよ。気づいたの」

ベランダのほうの窓をどんどん叩く音。仕方ないのであけると、そこからかえでさんが入ってきた。

「こ~へ~、窓開けておいてよ」
「無理いわんで下さい。それより俺が食べてないってよく分かりましたね」
「こ~へ~の部屋の上に住んでるから、何となくだけどこ~へ~が帰ってきたかどうかくらいは分かるんだよ。それで今日は遅いし、帰ってきてないなぁって思って」

なるほど。それで分かったのか。まぁ、上下で分かりやすいために助かるといえば助かった。それで陽菜が着てくれたって事か。材料とホットプレートを持って。

「助かるよ。おなかすいててさ。カップめんとかも無いし」
「うん。分かった。お姉ちゃんの分も作ってあげるから」
「かえでさんも食べてないのか?」
「ううん。私はお夜食だよ」

ついでという形でも作ってもらえるのはありがたいものだ。

「ありがとう」
「良いのいいの。それに、食べ無いと駄目だよ。健康に悪いし」
「ああ。気をつけるよ」

夜食というか、思いっきり夕飯なんだけどかえでさんはぺロリと食べていた。あの小さな身体のどこに入るのか不思議だけど、かえでさんの優しさには感謝だ。本当に…
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R