忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kanonですね


「ま~い~」
「佐祐理」

親友の声に舞は振り返って、走ってくる親友を見る。その走る姿を誰も咎めない。廊下を走るのは危険だと思うが、舞としては何も言えない。なんせ自分の影響で学校の窓ガラスを破壊したり、廊下をへこませたりとしたからだ。

「あまり走ると危ない」
「あはは~、そうですね~」

気づいてるのか気づいて無いのか。親友のそんな様子に小さく笑みが浮かぶ。もうすぐ卒業。一人後輩というか、彼氏が出来た。自分のことで傷ついた少年。そして、過去を忘れても尚向き合って全てを思い出した少年。いや、この場合は青年か。

「祐一さんも待ってるよ」
「はちみつくまさん」
「行こう」

頷いて返す。佐祐理は元気になった。その時、私は力を使った。全てが戻った私に怪我の治療は久々で緊張もしたけど、祐一が傍に居てくれたから。祐一も過去を乗り越えたから。

「祐一さ~ん」

手を振ると、座ってる祐一は手を振り返す。私たちにはまだまだ分からない事があるけど、三人で居るなら幸せだ。それがどこであろうと。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R