忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kanonより

「舞、大丈夫か?」
「大丈夫? 舞」

二人の心配は分かる。花粉症でない二人からしたら私が熱を出すほどまでに悪化したことの心配をしてる。

「だいじょうぶ」
「でも、今年は本当に酷いんだな。一応、身体は玄関前で払うけど、手洗いうがいとか洗顔もしてるけどな」
「やっぱり辛いんでしょうね」

大丈夫といってもやっぱり二人は心配顔だ。私が熱を出すのが珍しいというのもあるだろうけど。魔物退治の時は緊張もあってこういう事はなかったのだけど、最近はなかったから、今になって体が反応してきたみたいなのだ。ちなみに祐一談。

「とりあえず、食欲とかもあるだろうし、頼まれた物は買ってきましたよ」
「すみません。心配であまり出てなかったので」
「いやいや、お世話になってますし、これくらいなら良いですよ」

祐一はたまに此処に着て勉強なんかをしてるし、ご飯も食べていく。一緒に住もうという計画はやはり男親の多大な反対と秋子さんの『祐一さんはまだ高校生ですから』で却下になった。祐一は大学を一緒のところにしようって努力してる。勉強にしても落ちていた学力は取り戻して、段々と上がってきてるし。

「ごめんね、今日は買い物の用事もあったのに」
「また出たらいいんだし。気にしないで良いさ」
「でも、祐一の大学祝いだったのに」
「ばぁか。それこそ気にするなよ。舞が元気になってから出かけようぜ」
「うん」

三人で一緒に。佐祐理は笑顔で私を見てる。

「じゃあ、今日、祐一さんは?」
「ま、一緒に居させてもらおうかな。ついでに色々お菓子やらも買ってきたし」
「じゃあ、ここでお祝いですね~」
「うん」
「俺も準備手伝いましょうか?」
「いえいえ。佐祐理だけで十分ですよ~。舞と話しててくださいね~。暇でしょうし」
「そうさせてもらうわ」

私と祐一を置いて佐祐理は出て行ってしまった。お互い苦笑い。気を使ってくれたわけじゃないだろうけど、学生の間に一緒に暮らすのは難しいみたいというのは以前話していた。

「祐一、此処にはまた着てね」
「舞。約束だもんな」
「うん」

私と祐一の約束。分かれるときにまた会おうって事。今度は祐一と私が忘れない間に。大学なら昼に会うことを考えてる。祐一もそのことを考えて一緒の大学を受けてくれたのだと思う。聞いたら行きたい学科があるって言ってたけど。それもあるだろうけど、多分私たちのことも考えてだろう。優しいから祐一は。

「少し寝てるし、起こして」
「ああ。そうだな。起きたら、食べれるだろ」
「うん。本当に軽い熱だから」
「ああ」

祐一は私が寝てる横で本を開いてる。ゆったりのんびりとした時間。しゃべらなくてもお互いにこうやって出来てる幸せは私たちの経験から得たものだ。寝むり、起きたら、三人で喋ろう。これからの事を。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R