忍者ブログ

東雲遊人の日記(仮)

日記のため、ホムペに設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Kanonより

「香里、どうかした?」
「あ、川澄先輩、どうかしたというより相沢くんを探してるんだけど」
「用事でもあったの?」
「ええ。相沢くん、進路希望出してないみたいで。先生が探してるって伝えてって頼まれて」
「私も今探してるのだけど」

学内に入ってきてる先輩というのも珍しいけど、去年の卒業生。それに知ってる生徒も多いから問題は無いのだろう。先生方にしても生徒会の人にしてもだ。

「屋上手前か図書室とか保健室?」
「保健室は見てきたわ」
「じゃあ、先に図書室見よう」
「帰っては居ないのよね」
「靴はあった」

探す。一応大学進学だけど、どこ大学とか詳しく書かないといけない。そんな希望調査書を書いてないのは問題なのだ。勿論、書けない場合はちゃんと先生に言えば問題は無いのだが、それもしてない。

「あ」
「え」

相沢くんは居た。屋上にシートを引いて、倉田先輩の膝枕で寝ていた。ええっ!!

「あ、舞、それに香里さん」
「え? 舞に香里」

むくっと起き上がる相沢くん。

「佐祐理、何で祐一に膝枕?」
「最初祐一さんが寝てたんですよ。もう少しで階段から転げ落ちそうだったので起こしてこうしたんです」
「寝相はそんなに悪くないんだけどな」
「あはは~」

ちょっと嬉しそうな倉田先輩。私と川澄先輩は二人をちょっとにらむように見てしまう。

「それで、何か用事でもあったか?」
「進路希望調査書についてよ。相沢くん、提出忘れてるでしょ」
「うぁ。すまん、助かった」

ポケットから取り出してるし。提出忘れてたのね。川澄先輩は?

「祐一、明日なら時間が空いたから」
「了解。助かるわ」
「えっへん。じゃあ、私はバイトがあるから。佐祐理も教えてくれたらよかったのに」
「佐祐理はたまたまだよ。祐一さんに勉強教えてたし」

ああ。それで相沢くんの学力が飛躍的に上昇したのね。納得だわ。
さて、私も帰ろうかな。相沢くんにはまだ負けてないけど、上がってきてるのは確かなわけだし。

「じゃあね」
「ああ。またな」
「祐一、佐祐理の膝を楽しむ前に勉強ちゃんとしないと駄目だよ」
「分かってるって。ちゃんと持ってるだろ」

テキストを持ってたようだ。寝てたわけじゃないみたいだ。軽く手を振って歩く。やはり良い先生が居たんだなぁ。本人は聞かれて困っていたけど。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/01 ぱたり]
[09/25 ヤシロ]
[07/25 ヒロタヤ]
[09/17 遊び人(管理人)]
[09/14 FAN]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
東雲遊人
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R